奈良県『ナイトスポット』特集!第一弾!
奈良ダーツ交流リーグ

奈良のダーツプレイヤー

奈良ダーツ交流リーグ 主催 箱谷真之介さん

奈良の夜を彩るナイト特集第一弾として、まだ寒さの残る3月某日、奈良のナイト産業活性のため、奈良市のダーツバー『CROWS』のオーナーさん、箱谷 真之介さんにお話を伺いました。

――本日はリーグ開催の最中でお忙しいところお時間をいただきありがとうございます。よろしくお願いいたします。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

――早速ですが、まず奈良ダーツ交流リーグの内容を教えていただけますか?

ダーツの試合(大会)自体は、全国区で公式戦というものがあるのですが、公式戦への参戦は、会場への交通費や宿泊費など、勝ち上がっていくほど高額な経費がかかってしまうんですね。 そこで、もっと気軽かつ安価に奈良のダーツ界を盛り上げようという目的で、奈良市内のダーツバーやプレイヤーの有志が集まり、『奈良ダーツ交流リーグ』という形で始まったんです。

――なるほど。箱谷さんが主催で交流リーグを始められたのですか?

主催と言いましても、私は資料を作ったりスケジュールを決めたりと、まとめ役のようなものです。なによりもダーツバーのオーナーさん達や、プレイヤーの皆さんのご協力があってこそ成り立っている、という感じです。

――現在は奈良市内のダーツバーだけで交流戦をされているのですね。

はい。交流リーグは地域密着型で、奈良市内のダーツバーで木曜日に開催しています。公式戦とは違い基本的に非営利で、地域活性の意味も含めて、お酒も楽しみながらアットホームな雰囲気で和気藹藹とさせていただいています。 またリーグ戦は年3回で、3ヶ月に渡り開催するのですが、シーズンオフの間の1ヶ月には、個人戦も行っています。 現在はリーグ参加チームが10チーム、個人戦は30名~40名程のプレイヤーの方が参加されますね。

――箱谷さんがダーツを始められたキッカケとダーツ歴は?

  • 箱谷真之介さん
  • ダーツを投げる箱谷真之介さんとギャラリー

元々は勤めていたバーにダーツマシンが導入され、やっているうちに自然とハマってしまった感じです(笑)。それからしばらくして、独立して自分でお店を開くことになり、そのお店にもダーツマシンを3台設置しました。開店から今年でちょうど10年目になります。ダーツ歴は15年程でしょうか。

――箱谷さんのお店『CROWS』という店名は、カラスが由来なんでしょうか?

そうなんです。カラスと言いましても実は八咫烏(ヤタガラス)なんですね。サッカー日本代表のロゴにもあるように八咫烏の足は三本ありますよね。ダーツも1回につき3本投げることから店名の由来になっています。

――そうなんですね!実は『ナラネク!』のマスコットキャラも大和(奈良)へ神武天皇を導いたとされる神の使い八咫烏で、ゆるキャラLINEスタンプにもなっているんですよ(笑)

ええっ!それはすごい偶然ですね!親近感が湧いてしまいます(笑)

――話を元に戻しまして、ダーツの良いところを一言で言うと?

なにより、年齢や性別の差を超えて老若男女問わず、生涯スポーツとして取り組める事ですね。 3本のマイダーツさえ持っていれば、どこのダーツバーに行ってもすぐに仲間が出来るのも良いところだと思います。

  • ダーツボード
  • ダーツ

――SNSやネットが盛んな今では、そういったリアルでの仲間づくりって確かに貴重な時代ですよね。
ところで、そのマイダーツは何を基準に選べば良いのでしょうか?

先程も申し上げましたが、ダーツは1スローにつき3本投げるので、売っているものも3本セットが基本です。3本で1,000円程度のエントリーモデルから、10,000円前後のスタンダードモデル、20,000円位の高級モデルまで種類は様々です。 初めての方なら低価格のエントリーモデルで十分ですし、上達に応じて各パーツをカスタムしていくのも楽しみのひとつだと思っています。

――奈良のダーツ界の今後の展望を聞かせていただけますか?2016

奈良はとにかく夜に遊べるところが少ないというイメージが強いようで、観光客の皆さんも、夜になるとお店が閉まると思っている方が多いようです。 しかし、バーは基本的に夜の商売ですから、当然深夜まで営業しているところが多くあります。また飲むだけではなく、お酒と一緒にダーツというゲームを楽しんでいただける場だということをもっと広く知ってほしいと思います。

――現在は奈良市のダーツバーだけで交流リーグを開催されているとの事ですが、今後はもっとエリアが増えていくのでしょうか?

そうですね。今は奈良市内のダーツバー8店舗のオーナーさんと、各店に所属するプレイヤーの皆さんが集まって開催していますが、ゆくゆくは奈良県内のダーツバーやプレイヤーの方に交流リーグに参加していただきたいと思っています。最終的には各エリアの優勝チームによる全県大会なども開催して、奈良県No.1チームを決めていきたいですね。

――開催店舗やプレイヤーの方は募集中ですか?

はい。開催店の募集はもちろん、プレイヤーの方も奈良市内の8店舗いずれかでチームの登録を行っていただければ自由に参加することが出来ます。
必ずしも奈良市在住である必要はありませんが、1チーム最低5名以上での登録になります。お友達同士やダーツバーで知り合った仲間とチームを組んで、是非ご参加いただけると幸いです。

――開催店の応募はどのようにすれば良いでしょうか?

こちらも奈良市以外で始めたい店舗さんがあれば、リーグの詳細をご説明させていただきますのでお気軽に奈良ダーツ交流リーグ運営事務局(連絡先は下部記載)までご連絡ください。

――最後に一言お願いします。

夜に遊ぶところがないと言われる奈良ですが、実はそんなことはなく、夜でも楽しく遊んでもらえる場がある事を、もっと多くの皆さんに知ってもらいたいですね。
バーというと敷居が高いイメージを持っている方もおられるかもしれませんが、そんなことはありません。マイダーツがない方でも、ハウスダーツ(無料貸し出し)もご用意しておりますので、是非一度お気軽にダーツバーへ足をお運びください。

――本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。
これからも奈良のナイト産業の活性化、奈良のダーツ界を盛り上げるため、頑張ってください。ナラネク!も応援しております。

はい、こちらこそありがとうございました。これからも尽力していきます。

15年に渡り、ダーツに取り組み、奈良のダーツ界を盛り上げるため、様々なイベントを企画されている箱谷さん、そして奈良のダーツバーのオーナーさんや、プレイヤーの方々の熱意に、ただただ感心するばかりでした。 我々もナラネクダーツチームを結成して、いつか参戦したいですね!


『CROWS』のお客さん

2016年優勝チーム
この取材の日には、プロの方々やダーツ歴10年以上の方々も多くお店にいらしており、お写真を撮影させていただきました。

【交流リーグ戦と個人戦の詳細】

・交流リーグは毎年、前期1~3月、中期5~7月、後期9~11月。
・シーズンオフの、4月、8月、12月に個人戦NARA-1 GRAND PRIXを開催。
・交流リーグは、1チーム5名以上で登録できます。
・現在リーグを行っている奈良市のダーツバー下記8店舗のいずれかを選んで登録してください。
・新規開催店舗やプレイヤーチーム応募も大歓迎です。

【お問い合わせ先】

〒630-8121 奈良市三条宮前町2-31
Darts&Bar CROWS 内
奈良ダーツ交流リーグ運営事務局
TEL/FAX : 0742-36-3830
19:00~翌2:00

(2016年3月28日)

GALLERY

奈良ネクストとは!

  1. 2018年・新大宮花見まつりバル

    奈良県『地域活性化』特集!第七弾!<br>第1回 新大宮花見まつりバル

    2018.04.01

  2. 第7回なら奈良まつりチラシ

    奈良県『地域活性化』特集!第六弾!<br>第7回 なら奈良まつり

    2017.08.01

  3. にゃらまち猫祭り2017ポスター

    奈良県『地域活性化』特集!第五弾!<br> にゃらまち猫祭り 2017

    2017.06.01

  4. 女性のフィットネス風景

    奈良県『初』特集! 第三弾!<br>カロリロ ジャパン

    2017.02.08

  5. 奈良県『地域活性化』特集!第四弾!<br>上牧町サブライブ! ペガ!!

    2016.11.16

  1. 登録されている記事はございません。

N3特集カテゴリー