インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第2回:どこのお国の方が奈良ファンなの?(Vol.2)

奈良に訪れる外国人観光客の情報収集方法

第2回:どこのお国の方が奈良ファンなの?(その2)

皆さん、こんにちは!
前回は、観光庁の2018年訪日外国人データから、日本、そして奈良に多く訪問してくれているお国の方々を数字で確認してみましたね!

さて、今回は、前回確認できた奈良への訪問が多い国に絞って、彼等がどのようなメディアでどのような日本の情報を見ているのか、その中での奈良の情報露出度を探ってみましょう!
アジアからは、中国と台湾に絞り、そして欧米からは、米国とフランスに絞って実情を整理してみたいと思います!
ここでまたまた、観光庁のデータが大活躍です。この観光庁サイトからダウンロードできる元のExcel表データが膨大なのですが、圧倒されることなく、的確に目的に叶うデータのみを切り出して、ポイントを見つける根気とセンスが必要です!

どのお国の方が、どのようなメディア・手段で日本のことを調べているのか?

図3 2018年国別訪日旅行に関する意識【観光・レジャー目的】(出典:観光庁訪日外国人消費動向調査)

単位:選択率%
図3 2018年国別訪日旅行に関する意識【観光・レジャー目的】(出典:観光庁訪日外国人消費動向調査)

さて、どの国のお方が、どのようなメディア・手段でよく日本の事を調べているのか、国ごとの特徴が見えてきましたか?

中国

まず中国はどうでしょうか?微信(Wechat=中国人が利用しているラインに似たSNS)などのSNS利用が最も多いですね。
おっと、この表から高選択率のメディアを見る際に先に注意すべき点を考えましょう。それは、私たちが影響力を及ぼせない、もしくは及ぼすことを期待できないメディアについては、選択率が高いからといって取り上げても仕方がないですよということです。これ、当然ですね。例えば親族・知人からの情報や個人ブログについてはなかなかなんとも対応し難いですよね?

ということで、中国に戻ると、SNSの次は、Ctripなどの旅行会社のホームページ [*1] と言うことになります。(ここへの掲載等は個人事業者様等には実際はハードルが高いとは思いますが。[*2] )中国からの訪日客はプランや評価をここでよく確認しているのでしょう。

台湾

さて台湾はどうでしょうか?中国とは逆の順で旅行会社ページが多く、次がSNSですね。台湾ではFacebook利用が最多です。

米国とフランス

次は欧米に行きましょう。米国の方が見るのはダントツでTripadvisorなどのクチコミサイトです。その次にYoutubeなどの動画サイト。米国人には動画広告も有効なのですね!宿泊施設のホームページもよく見に来ています。
最後にフランス人に特徴的なのが、ガイドブックを見ている人が多いということです。最近はガイドブックもまとめサイトのようになったり、電子書籍でも見られるようになったりしていますね。

各国の詳細を確認

さあ、それではいよいよもう少し細かく見ていきますよ。中国人が見ているSNSであり、ツイッターのように投稿の拡散力がある微博(ウェイボー)の投稿で奈良の記事を見てみましょう。
微博の検索ページ [*3] で、“奈良 糖果” (糖果=お菓子)という言葉(中国語表記)を入れてみれば、どのようなお菓子に興味を持って投稿されているか眺めることができます。ただクチコミを見て、本当にそれが大勢の中国人の傾向を意味しているかははっきりしない訳ですので、中国人クチコミのビッグデータを解析、傾向をまとめレポートとして発行しているような企業のサービスを有料で活用せざるを得ないこともあります。

米国人の場合、japan-guide.comやculture tripなどの日本旅行情報に特化したサイトをよく見ているようですね。culture tripのサイト内検索でNaraを検索 [*4] してみると、なぜかお餅を紹介している記事が出てきたりします。餅つきパフォーマンスで有名なお店の影響でしょうか。。

フランス人については、彼等がよく見ているガイドブックの一つにRoutard [*5] というのがあり、そこでは、ならまちがかなり贔屓されています。東大寺より先に元興寺が紹介されているのが面白いですね。飲食や宿泊施設情報は少な目ですので、もっと載せてもらうようアピールが必要です。(実際に当協会では、インバウンド評価の高い飲食店や宿泊施設についてリストを作り、ガイドブックの企画会社へ提案をしております。)

さて、以上のように、国ごとによく利用される媒体を理解したうえで、そこに絞り込んで実際の媒体を眺めてみたり、ビッグデータのまとめレポートを見てみたりするのがより的確なアプローチであること、ご理解いただけたかと思います。

[*1] Ctripのウェブサイト
[*2] 中華系の広告は競合が少なく、対象ユーザー人口が多くなるためか、何十万円単位のケースが多いように思います。
[*3] 微博検索のウェブサイト
[*4] japan-guide.comのウェブサイトculture tripのウェブサイト 
[*5] Routardのガイドブック

次回予告

次回は、「インバウンドはなぜ奈良でお金を使ってくれないの?」というテーマで、奈良でのインバウンドの消費の特徴を探ってみたいと思います!

奈良ネクストブログ関連記事

  1. ナラネクイベント

    奈良のコミュニティイベント情報サイトを公開しました

  2. 大和高田市が誇る古き良き片塩商店街

    大和高田市の片塩商店街は、こんなところです!

  3. 日本の個性ある旅館こそ、直接予約で勝負だ!

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第9回:日本の個性ある旅館こそ、直接予約で勝負だ!

  4. よい評価とおもてなしは、結局“人“の問題

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第10回:よい評価とおもてなしは、結局“人“の問題

  5. 体験ガイドと観光アナリストが奈良を変える?

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第11回:体験ガイドと観光アナリストが奈良を変える?

  6. 奈良に訪れる外国人観光客

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第1回:どこのお国の方が奈良ファンなの?(Vol.1)

  7. ベジタリアン・ビーガンの定義ってどうなってるの?

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第6回:ベジタリアン・ビーガンの定義ってどうなってるの?

  8. 京都のような観光公害に奈良もなるの?(その2)

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第8回:京都のような観光公害に奈良もなるの?(その2)

  9. 京都のような観光公害に奈良もなるの?(その1)

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第7回:京都のような観光公害に奈良もなるの?(その1)

ナラネク!イベント

ビジネス無料掲載依頼

  1. 自分の店の一人勝ちでは奈良はよくならないぞ!

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第12回(最終回):「自…

    2019.09.18

  2. 体験ガイドと観光アナリストが奈良を変える?

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第11回:体験ガイドと観…

    2019.08.27

  3. よい評価とおもてなしは、結局“人“の問題

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第10回:よい評価とおも…

    2019.08.10

  4. 日本の個性ある旅館こそ、直接予約で勝負だ!

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第9回:日本の個性ある…

    2019.07.24

  5. 京都のような観光公害に奈良もなるの?(その2)

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第8回:京都のような観…

    2019.07.09

  1. 自分の店の一人勝ちでは奈良はよくならないぞ!

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第12回(最終回):「自…

    2019.09.18

  2. 体験ガイドと観光アナリストが奈良を変える?

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第11回:体験ガイドと観…

    2019.08.27

  3. よい評価とおもてなしは、結局“人“の問題

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第10回:よい評価とおも…

    2019.08.10

  4. 京都のような観光公害に奈良もなるの?(その1)

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第7回:京都のような観…

    2019.06.27

  5. ベジタリアン・ビーガンの定義ってどうなってるの?

    インバウンドフレンドリー奈良を目指そう! 第6回:ベジタリアン・…

    2019.06.12

N3特集カテゴリー